男女

難易度が高い医学部に合格するには方法を知ることが重要

英語を学ぶことの意義

勉強

英語の正しい学習法は、英語を英語のまま理解して感動することです。大学入試対策も含めるなら、英語の原書を多読することをおススメします。その際にも全体像を掴む上で大切な単語以外は読み飛ばし、全体像を掴むようにしてください。何度も同じ単語や表現が出てきたら、それが覚えるべき重要単語・表現なのです。

しっかりと合格する方法

医者

合格に向けての対策

まずは医学部に合格するには相当高い学力をつけなければいけません。特に国公立大学を希望する場合にはセンター試験と学校独自の2次試験を受けなければいけないので大きな負担になってきます。さらに多くの医学部ではこれらのペーパーテストに加えて面接があるので合格するには勉強だけではなく面接の練習も必要となってきます。なので大手予備校の医学科コースを受講するのもよいですが、医学部専門の予備校に通うことで効率よく受験の情報が集まってきます。また当然どこの大学でも相当な難易度を持っていますが、受ける大学によって配点が違ったり必要な教科が違ったりするので自分の得意な教科で勝負しやすいような配点の学校を全国から見つけるのが合格するには必要になってきます。

効率のいい受験方法

医学部に合格するには数年かかって合格している人もいますが、出来るだけ早く合格したいと思っている人が多いです。そこで年数をかけずに合格できる方法について考えていきます。まずは医学部であればどこでもいいというならば首都圏の大学よりも地方の大学に行くほうが比較的難易度が落ちる傾向にあります。また私立の医学部も併願することによって受験機会が増えて合格しやすいです。ただ私立の医学部は授業料がかなり高いので合格するだけでは無くそのあと通えるか考えることが大切です。またAO入試などの別の受験方式も併願することによってチャンスを増やせます。しかしAO入試とはいえ医学部の場合難易度が一般よりも高いことがあるので注意が必要です。

推薦型の大学入試とは

勉強道具

推薦型の試験であるao入試は、近年のグローバル化によって海外で活躍できる日本人を養成する目的で多くの大学が導入しています。ao入試には受験者の要件や合格後の活動の条件が設けられていることも多いため、事前に情報を調べておく工夫が大切です。

自分らしい高校生活を送る

レディ

今、積極的に通信制高校を選ぶ人が増えています。それは、通信制高校の持つ多様性に人気が集まっているからです。千葉にも音楽など専門的な勉強も可能な学校がいくつもあります。また、中には大学進学率の高い学校もあります。自由になる時間が多いため、予備校と並行して通うなど、様々な活用法が可能なのが通信制です。