英語を学ぶことの意義|難易度が高い医学部に合格するには方法を知ることが重要
レディ

難易度が高い医学部に合格するには方法を知ることが重要

英語を学ぶことの意義

勉強

英語で感動すること

英語を学ぶというのは、どのようなことを意味するのでしょうか。例えば何かとグローバル化が叫ばれてきた現代ですが、一般人の多くにとっては、英語力が無ければ諸外国で活動することは出来ませんし、直接コミュニケーションを取ることも難しいのではないでしょうか。また日本語で理解できないことは、英語でも理解できるとは思えません。言語として英語の文法構造や単語が理解出来るということと、内容を深く理解するということは、全く異なることなのです。そこから見えてくるのは、「英語を学ぶ=言語を学ぶ」とは限らないということです。というのも、大学入試や検定試験における英語で問われる能力の多くは、言語としての英語能力だからです。

多読のススメ

例えば大学入試に向けて英語を勉強するとき、自分の内面が揺さぶられるような体験をすることが、何回あるでしょうか。本当に英語を学習するということは、英語で理解して英語で感動するという体験に他なりません。そのような体験を無視した無味乾燥な文章や単語を、いくら頭に詰め込んだところで、本当の英語力がつくわけがないのです。理想的な大学入試の英語勉強法は、文法や単語を単体で覚えることではなく、良書を原書で読むことなのです。この場合の良書とは、自分で感動できる本のことを指します。もちろん最初から全て理解できるわけがありません。電子書籍であれば単語を簡単に検索できますが、いちいち検索していたら膨大な時間がかかります。そこでおススメなのは、流れを掴むためのキーワード以外は検索しないという読み方です。この読み方で多読をすると、何回も使われるような単語や表現がキーワードや最重要表現だと自然と理解できるようになります。これは大学入試の英語対策のみならず、すべての言語習得に効果を発揮する読書法です。